m3.com トップ>医療維新>オピニオン|ピースウィン...>病院に浸水「判断の遅れが致命傷に」

病院に浸水「判断の遅れが致命傷に」

電力・水なしで入院治療は不可能、復旧後の経営再建も課題

2020年1月19日 稲葉基高(ピースウィンズ・ジャパン医師)


2020年を迎え、気持ちも新たに医療機関の在り方や医師として果たすべき役割を考えている方も多いのではないでしょうか。ぜひこの機会に災害対策についても改めて考えてほしいと思います。2019年は日本各地で豪雨や台風災害が発生した一年でした。洪水による浸水被害は、多くの医療機関にとって他人事ではありません。私は2018年7月の西日本豪雨と2019年10月の台風19号の被災地へ入り、2病院、1施設で入院患者・入所者の全員避難の支援に当たりました。その経験から、浸水被害に備えて考えておくべき点を紹介します...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

ピースウィンズ・ジャパン ~災害医療の現場から~に関する記事(一覧

病院に浸水「判断の遅れが致命傷に」 2020/1/19

「救えるのに救えなかった命」をなくしたい 2019/12/21

トイレ使えない避難所も 2019/10/26

3日間で救急患者340人、医師・看護師足りず 2019/10/15