m3.com トップ>医療維新>レポート|医療団体の記...>日医横倉会長「子年は医療の在り方を方向付ける年」

日医横倉会長「子年は医療の在り方を方向付ける年」

全世代型社会保障検討会議最終報告を注視「極めて重要」

2020年1月9日 小川洋輔(m3.com編集部)


日本医師会会長の横倉義武氏は1月8日の定例記者会見で、2020年6月に取りまとめられる予定の政府の全世代型社会保障検討会議の最終報告について、「今後の我が国の医療の在り方を左右する極めて重要な意味を持つ」とし、「我が国の苦しい財政状況によって社会保障に対する歳出抑制圧力が強まる中、紆余曲折はあると思うが、国民の安心につながる社会保障制度が構築されるよう引き続き主張していきたい」と、政府に対して日医の考えを主張していく姿勢を示した。会見する横倉会長子(ねずみ)年となる2020年。横倉会長は「200...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事