m3.com トップ>医療維新>インタビュー|神田橋宏治の...>母校東大の内科合同新年会に出席してみました

母校東大の内科合同新年会に出席してみました

鮮やかに甦った肝臓がんを巡る2人の先生の思い出

2020年1月12日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて20回目です。もはや「あけましておめでとうございます」という時期でもないのですが、先日数年ぶりに母校東大の内科合同新年会に出席してまいりました。各内科の現役教授10人が集まり、さらに同数以上の元教授、現在の准教授、講師など含め100人程度の会でした。自分が教わった先生や、一緒に働いた先生が非常に多くおられて色々な話もできて、「やはり自分の医者としてのルーツはこの病院だったのだな」と思える一日でした。「m3の記事、読んでますよ」と、複数の教授に言われたのも汗顔の至りでしたし、中高の後輩が教授に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事