m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|令和の医療◆...>遠隔医療、一般医の対面診療をサポートする強力なツール - 辻野彰・長崎大脳神経内科教授に聞く◆Vol.2

遠隔医療、一般医の対面診療をサポートする強力なツール - 辻野彰・長崎大脳神経内科教授に聞く◆Vol.2

可能性広がる、マンパワーの診療報酬上の評価を期待

2020年2月23日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――長崎県における遠隔医療の必要性を改めてお教えください。長崎県の人口当たりの医師数は、全国平均を上回っています。しかし、長崎県には8つの医療圏があり、うち壱岐、対馬、上五島、五島という4つの医療圏は離島から成ります。本土でも県北や県南にも医師不足の地域が多く、県内の医師偏在は大きい。脳神経内科について言えば、当医局に所属し、かつ大学病院に常勤として勤務している医師は13人。他にローテーションして県内各地の病院に勤務している医師がいますが、県内各地域に常勤、あるいは非常勤で勤務医を派遣するのには...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事