m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|令和の医療◆...>五島・離島の医療者不足、ICTがカバー◆Vol.3

五島・離島の医療者不足、ICTがカバー◆Vol.3

先駆的な調剤情報共有システムが基盤に

2020年3月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


離島唯一の診療所で診察。処方箋はまず五島列島最大の島、福江島の薬局にオンラインで送付、原本は船で送付。薬はドローンで運び、服薬指導は薬剤師がオンラインで行う――。長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座教授の前田隆浩氏は、こんな未来図を描く。2019年12月に改正薬機法が公布され、オンライン服薬指導は可能になったものの、ドローンでの薬剤配布が可能か、そもそも認可されるか、またコストをどう賄うかなど、解決すべき課題はあるが、前田氏は医療者不足に悩む離島医療を支えるためにはICT(情報...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事