m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>新型肺炎、国内で初の患者確認、30代男性

新型肺炎、国内で初の患者確認、30代男性

武漢滞在歴あり、濃厚接触による感染の可能性

2020年1月16日 小川洋輔(m3.com編集部)


厚生労働省は1月16日、中国・武漢市に滞在歴のある30歳代男性が新型コロナウイルスに関連した肺炎にかかっていたことを発表した。男性の症状は快方に向かっているという。武漢市では2019年末から新型肺炎の集団感染が発生し、死者も出ている。日本国内で患者が確認されたのは初めて。厚労省は武漢市での滞在歴があり、咳や発熱などの症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診し、滞在歴があることを申告するよう呼びかけている。発表によると、感染が確認されたのは、神奈川県在住の30歳代男性。12月下旬から武漢市に滞在し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

「医療者らバイ菌扱い」「職場から謝罪要求」、災害医学会が抗議 2020/2/22

2学会「水際対策期から感染蔓延期へ、重症例に焦点充て対応を」 2020/2/22

日循、胃癌学会など主要学会の開催延期・見送り相次ぐ 2020/2/21

学会開催の必要性「医師の知見で判断を」 2020/2/21

「検疫開始前にCOVID-19の実質的な伝播が発生」 2020/2/20

動画削除は「しかる筋から船内改善と聞いた」岩田健太郎氏 2020/2/20

新型コロナ基本的対処方針を策定へ 2020/2/20

クルーズ船で感染の検疫官、基本的な防護策徹底せず 2020/2/20

「テレビの情報の方が早かった」横浜市民病院院長 2020/2/20

新型コロナウイルス感染症、学会運営にも影響 2020/2/19

山崎日精協会長「クルーズ船からDPATの撤退も」 2020/2/19

感染症部会「感染研が検査会社に墜ちている」との指摘も 2020/2/19

医療機関の素朴な疑問に答えるQ&A、新型コロナウイルス 2020/2/18

日医、新型コロナ対策で都道府県・郡市区医師会長に通知 2020/2/17

「37.5度以上の発熱4日以上」なら新型コロナ相談を、厚労省 2020/2/17

新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(No.3)【押谷仁教授メッセージ】 2020/2/17

WHO専門家会議「見えてきた日本への期待と課題」-末松誠・AMED理事長に聞く 2020/2/17

新型コロナ「国内発生の早期段階」、検査・診療は重症肺炎患者を優先に 2020/2/17

「国内で感染伝播がどんどん続く状況にはまだない」、中島・大東大教授 2020/2/15

WHO進藤氏、「新型コロナウイルスの根絶、日本の踏ん張り次第」 2020/2/14