m3.com トップ>医療維新>インタビュー>「独善的、軽率な心理」が刑事裁判例の特徴 - 樋口範雄・東大名誉教授・武蔵野大特任教授に聞く◆Vol.2

「独善的、軽率な心理」が刑事裁判例の特徴 - 樋口範雄・東大名誉教授・武蔵野大特任教授に聞く◆Vol.2

3月の最終報告に向け議論再開、民事責任の検討も

2020年2月3日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――中間報告では、刑事裁判例に多い特徴として、「独善的な心理」「軽率な心理」という個人的要素を挙げて整理しています。システムエラーについては議論されなかったのでしょうか。例えば、薬の取り違えでも有罪になり得ますが、非常に多忙な中で、さまざまな要因が重なって、結果的に取り違えになることもあるわけです。「独善的な心理」「軽率な心理」は、法律家の言葉ではなく、医師や患者さんに読んでもらって、「それはそうだよね」と言えるような概念はないかということで、選んだ言葉です。「独善的な心理」とは、人の言うことを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

withコロナ時代「医療の変革不可避」-横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.7 2020/11/21

「選挙で決着すれば、皆が納得する」-横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.6 2020/11/14

日本医学会連合の法人化「苦渋の選択」-横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.5 2020/11/3

地元の後押しで日医会長へ、綱領作成から着手-横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.4 2020/10/25

「流行予測」など野心的な研究テーマ多々-西浦博・京大教授に聞く◆Vol.5 2020/10/20

改革の原点は「2013年の国民会議報告書」-横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.3 2020/10/18

今だから明かせる診療報酬改定の舞台裏-横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.2 2020/10/11

安倍政権の新型コロナ対応「ぎりぎり合格」-横倉義武前日医会長に聞く◆Vol.1 2020/10/7

東大、北大を経て京大へ、COVID-19の検証から着手-西浦博・京大教授に聞く◆Vol.4 2020/9/30

国民の納得する「死の権利」の議論必要-満岡聡・日本尊厳死協会理事に聞く 2020/9/20

10年間で4大学に留学、「指導者には恵まれた」-西浦博・京大教授に聞く◆Vol.3 2020/9/16

海外でエグいくらい専門性を磨け!-西浦博・京大教授に聞く◆Vol.2 2020/9/9

京アニ事件、分散搬送は評価、2次搬送等に課題-高階謙一郎・京都第一日赤救命救急センター長に... 2020/9/6

感染症疫学は“絶滅”の危機にあった-西浦博・京大教授に聞く◆Vol.1 2020/9/4

京アニ事件の教訓「重症熱傷多数への備えを」-高階謙一郎・京都第一日赤救命救急センター長に聞... 2020/8/24

医師と弁護士、言葉のすれ違い、どう解決?-粟野公一郎弁護士・暢康医師に聞く◆Vol.2 2020/8/14

「医師×弁護士」、兄弟コラボで医療訴訟の上梓-粟野公一郎弁護士・暢康医師に聞く◆Vol.1 2020/8/8

「withコロナ」を前提に、今後の医療の在り方議論を-猪口雄二・日医副会長に聞く 2020/7/16

“コロナ禍”での学長交代「ピンチをチャンスに」-田中雄二郎・東京医科歯科大学学長に聞く◆V... 2020/7/7

新型コロナ対応で大幅赤字「先行きは深刻」-田中雄二郎・東京医科歯科大学学長に聞く◆Vol.... 2020/7/1