m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|令和の医療◆...>特定保健指導率92.1%、“医保連携”で取り組む予防医療◆Vol.1

特定保健指導率92.1%、“医保連携”で取り組む予防医療◆Vol.1

アポなし訪問で一人も漏らさず

2020年3月19日 小川洋輔(m3.com編集部)


名古屋から特急で1時間半、岐阜県の山あいに位置する下呂市。三大名湯の一つとして名高い下呂温泉で知られ、飛騨川沿いに温泉旅館が建ち並ぶ観光地だ。2019年8月末時点での人口は3万2120人。39.1%を65歳以上の高齢者が占め、75歳以上の後期高齢者に限っても22.6%に上る。人口減少、少子高齢化、医師不足――。さまざまな課題を抱える下呂市が今、力を入れているのは予防医療だ。温泉旅館が建ち並ぶ下呂市中心部指導率日本一に取り組みの最大の特徴は、特定保健指導率が92.1%(2017年度)に達することだ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事