m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|令和の医療◆...>予防医療ではなく「予防」も医師の重要な役割◆Vol.4

予防医療ではなく「予防」も医師の重要な役割◆Vol.4

大塚・大塚耳鼻咽喉科医院院長「住民主体で取り組み加速」

2020年3月22日 聞き手・まとめ:小川洋輔(m3.com編集部)


大塚正議(おおつかただよし)氏1975年、岐阜大学医学部卒業。岐阜県立下呂温泉病院などの勤務を経て、1983年、大塚耳鼻咽喉科医院を開業。2010~2014年、下呂市医師会会長。2018~2019年、下呂ロータリークラブ会長。2017年からは減塩推進委員長も務める。――開業から36年間、地域住民を診てきました。延べ150万人の患者を診てきました。下呂市は現在人口3万2000人程ですが、隣接する地域からも受診されます。耳鼻咽喉科は他科との境界領域でもあり、症状によっては専門科を紹介することがありま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事