m3.com トップ>医療維新>インタビュー>ナショセン院長から地方公立病院勤務に転身-志摩市民病院・江角浩安氏(元国立がん研究センター東病院長)◆Vol.1

ナショセン院長から地方公立病院勤務に転身-志摩市民病院・江角浩安氏(元国立がん研究センター東病院長)◆Vol.1

勤務先の志摩市民病院院長は38歳の長男

2020年2月11日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


国立がんセンター(現:国立がん研究センター)研究所副所長、東病院長、東京大学、東京理科大教授等を歴任した江角浩安氏(71歳)が2018年10月、三重県の志摩市民病院に着任した。同病院の院長を務める長男の悠太氏は、人口減少地域の公立病院を立て直す若手医師として全国的な注目を集めている(『36歳院長の公立病院改革―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.1』)。長年、研究者として活躍してきた浩安氏が「最後のプロジェクト」として地方公立病院の臨床現場に戻った理由を聞いた(2019年11月22日にイン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

ナショセン院長で感じた「このままでは日本の医療はつぶれる」-志摩市民病院・江角浩安氏(元国... 2020/2/22

“事故調”、報告数ゼロの大学病院は問題-樋口範雄・東大名誉教授・武蔵野大特任教授に聞く◆V... 2020/2/17

感染症対策「ある程度強制力を」、人間は「そういうもの」-早川智・日本大学医学部病態病理学系... 2020/2/16

外科医から研究へ「こんな手術が必要あるのだろうか」-志摩市民病院・江角浩安氏(元国立がん研... 2020/2/15

ナショセン院長から地方公立病院勤務に転身-志摩市民病院・江角浩安氏(元国立がん研究センター... 2020/2/11

「あえて診ない」ための医療機関の振り分け、政府が-早川智・日本大学医学部病態病理学系微生物... 2020/2/9

「独善的、軽率な心理」が刑事裁判例の特徴-樋口範雄・東大名誉教授・武蔵野大特任教授に聞く◆... 2020/2/3

医療情報活用、EHRなくして医療者にも患者にもメリットなし‐吉原博幸・ライフデータイニシア... 2020/2/2

106施設から年間202万人の医療情報収集‐吉原博幸・ライフデータイニシアティブ代表理事・... 2020/1/28

医師法21条による警察への届出は少なく、刑事裁判も限定的-樋口範雄・東大名誉教授・武蔵野大... 2020/1/22

「これからは医師がAIを使いこなす時代に」―日本メディカルAI学会理事で第2回学術集会大会... 2020/1/20

アクションプラン、2020年1月から本格実行段階へ-福島県立医大病院長、副病院長に聞く◆V... 2020/1/14

人口減少社会、乗り切るために選択-日本海ヘルスケアネット◆Vol.5 2019/12/18

日本の医療、「統制経済」への転換が必要-日本海ヘルスケアネット◆Vol.4 2019/12/10

10法人で財務諸表共有、「地域の費用管理」実践-日本海ヘルスケアネット◆Vol.3 2019/12/5

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.5 2019/11/19

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.4 2019/11/11

スポーツ医学のこれから、リスクを最小化するアプローチ-守屋拓朗・千葉労災病院整形外科副部長... 2019/11/2

総合診療医、活躍の場は「病院と診療所」-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.3 2019/10/28

ラグビー日本代表の前チームドクターはチーム内外で重責を担ったスポーツ医学のこれから、リスク... 2019/10/26