m3.com トップ>医療維新>レポート|医療従事者の...>厚労省、海外医学部学生の動向把握へシステム構築

厚労省、海外医学部学生の動向把握へシステム構築

医師需給分科会、国内への影響懸念も

2020年1月29日 小川洋輔(m3.com編集部)


厚生労働省は1月29日、「医療従事者の需給に関する検討会」の第32回医師需給分科会(座長:片峰茂・長崎大学名誉教授)で、海外の大学の医学部に在籍しながら日本で医師国家試験を受ける意向を持つ学生を把握するためのシステムを構築し、任意で登録を呼びかける方針を示した。構成員からは多様な医師が育つことを肯定的に捉える声が上がる一方、海外医学部出身の医師が増えることへの懸念の声も上がった(資料は、厚労省のホームページ)。1月29日の医師需給分科会資料海外医学部出身者の医師国家試験合格者は増加傾向にあり、2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療従事者の需給に関する検討会に関する記事(一覧

「医学部総定員は減、地域枠は増」、2023年度以降段階的に 2020/11/18

地域枠「卒直後9年間以上、従事」で定義、2022年度から 2020/9/1

医学部定員、2022年度も現行の方法で、恒久定員内にも地域枠 2020/8/31

医学部地域枠を厳格に運営、「別枠方式、地対協で協議」に限る 2020/3/12

“新”必要医師数、非公開で提示、病院勤務医の内訳も 2020/2/13

厚労省、海外医学部学生の動向把握へシステム構築 2020/1/29

2022年度以降の医学部定員、2020年春ころに方向性提示へ 2019/11/27

医師需給「第4次中間とりまとめ」承認 2019/3/25

産科医と小児科医、都道府県で2.2倍の格差 2019/2/28

2036年度に47都道府県で「必要医師数」確保へ 2019/2/27

医師最多は東京都、最少は岩手県、2倍の格差 2019/2/19

医師偏在対策、第4次中間取りまとめ(たたき台)を提示 2019/2/19

内科、外科など10科は必要数増、精神科など8科は減 2019/2/18

「医師少数区域」は「下位33.3%」、111の2次医療圏 2019/1/30

「外来医師多数区域」での新規開業、2020年度以降厳しく 2018/12/26

「医師少数区域等で6~12カ月勤務」で医師認定、厚労省案 2018/12/12

2018年度の地域枠充足率81.6%、24府県が「8割未満」 2018/11/28

医師確保「少数区域は多数区域から」、可能か? 2018/11/28

2025年の看護需給、推計方法おおむね合意 2018/10/30

必要医師数「2036年」時点で推計、「地域枠」は別枠の入試で 2018/10/24