m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|令和の医療◆...>地域医療構想、最悪シナリオはハードランディング - 橋本岳・厚労副大臣に聞く◆Vol.1

地域医療構想、最悪シナリオはハードランディング - 橋本岳・厚労副大臣に聞く◆Vol.1

ダウンサイジングではなく「リフォーム」の発想で対応を

2020年2月6日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


2019年9月11日に発足した第4次安倍第2次改造内閣で、厚生労働副大臣に就任したのが橋本岳氏。厚労政務官、副大臣を歴任、2017年には自由民主党厚生労働部会長を務めるなど、厚労行政に造詣の深い橋本副大臣が、令和の医療の展開をどう見ているのか。直近の医療行政の動きを踏まえ、お聞きした(2020年1月17日にインタビュー。全3回の連載)。―最初に副大臣に就任されて4カ月の受け止めをお聞きできますか。「また帰ってきた」という感じですが、以前は労働担当の厚労副大臣でした。今度は医療、介護、福祉が担当な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事