m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|令和の医療◆...>医療情報、全国共通のプラットホームで利活用 - 橋本岳・厚労副大臣に聞く◆Vol.3

医療情報、全国共通のプラットホームで利活用 - 橋本岳・厚労副大臣に聞く◆Vol.3

給付と負担の問題は「日本の経済力との見合い」

2020年2月13日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――直近の医療行政の動きとしては、診療報酬改定があります。各論ではなく、保険給付に関する基本的な考え方をお聞きします。高額な薬剤や医療材料の登場が相次ぐ中、費用対効果評価をどのように活用していくとお考えでしょうか、例えば費用対効果評価が悪いものは保険給付外にすることなどは想定されるのでしょうか。正直言って、費用対効果評価は2018年度から本格的に始めたばかりであり、政策ツールとしての効果はどのくらいなのか、どんな分野に応用できるのか、何らかの副作用があるかなどをこれから見極めていかなければいけま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事