m3.com トップ>医療維新>レポート|社会保障審議...>「2022年へ医療保険制度改革に残された時間ほとんどない」

「2022年へ医療保険制度改革に残された時間ほとんどない」

社保審医療保険部会、今夏までに取りまとめへ

2020年2月3日 水谷悠(m3.com編集部)


社会保障審議会医療保険部会(部会長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)は1月31日に医療保険制度改革に向けた議論を開始し、政府の全世代型社会保障検討会議が最終報告をまとめる予定の今夏に、本部会でも取りまとめをすることで一致した。同会議の中間報告と新経済・財政再生計画改革工程表2019に掲げられた内容を中心に議論する。委員からは「2022年から団塊の世代が後期高齢者になり始める。医療保険制度改革に残された時間はほとんどない」(全国健康保険協会理事長の安藤伸樹氏)との危機感や、後期高齢者の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

社会保障審議会に関する記事(一覧

金融資産反映した負担の在り方に賛否、医療保険部会 2020/3/27

外来機能の明確化、検討スケジュールや内容に疑義続出 2020/3/23

値上げで患者の行動変わるのか?紹介状なし受診時定額負担 2020/3/13

後期高齢者窓口負担「原則2割」か「原則1割」か 2020/2/27

「2022年へ医療保険制度改革に残された時間ほとんどない」 2020/2/3

「外来機能の明確化、かかりつけ医機能の強化」議論開始へ 2020/1/29

定額負担「一般病院200床以上」に不満噴出、医療部会 2020/1/20

医師の働き方改革「健康は確保、収入は確保できず」、地域医療への影響も 2019/12/9

「医師等の働き方改革」が重点課題、2020年度改定の基本方針案了承 2019/12/9

診療報酬改定方針を了承、働き方「重点」に 2019/11/28

診療報酬改定、「働き方」巡り対立埋まらず 2019/11/21

看護職2025年に6万~27万人不足、地域、領域別の偏在大 2019/11/19

地域医療構想「民間データは公立と同じ指標か、変えるべきか?」 2019/11/18

厚労省、医療部会に2020年度改定の基本方針(骨子案)提示 2019/11/18

診療報酬改定、重点課題巡り意見対立、医療保険部会 2019/11/1

2020年度改定、「医師等の働き方改革」を重点課題に 2019/10/21

医療保険制度、「給付と負担」議論を加速化 2019/9/27

医師派遣、期間終了後のポスト保障など必要 2019/9/20

病院薬剤師の評価、調剤薬局との格差に異論続出 2019/9/20

被扶養者国内居住要件の例外規定を了承、社保審 2019/6/13