m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>新型コロナウイルス、産業医として気付いた3つのこと

新型コロナウイルス、産業医として気付いた3つのこと

リスク評価やBCP(事業継続計画)も検討課題

2020年2月4日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて22回目です。この原稿は2月3日に書いているのですが、この数週間の医学界の話題、社会の話題のかなりの部分を新型コロナウイルスの話が占めているように感じています。私のところにも産業医として契約しているクライアントの会社から、メールであるいは電話で次々と質問が来ました。駆け出し産業医の僕からはこれがどう見えているかを少し話させてください。事故や病気のことを産業衛生の世界ではハザードという言葉でまとめます。今回で言うと新型ウイルスにかかって死ぬことや長期の入院をすることです。その次にリスクというも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

神田橋宏治の「医師、ときどき社長」に関する記事(一覧

医師なら実務経験免除、「ビル管理士」に合格! 2020/11/29

地方国公立大医学部、東大卒業生の「人生再生工場」に 2020/10/4

在宅医療で出会った愛情に満ちたご家族 2020/9/21

「顧問医」、企業が雇う3パターンとは? 2020/9/12

風邪を引いた医師、いつから働いていいのか? 2020/8/30

医師仲間で評判の“コロナ太り”対策を教えます 2020/8/16

医師として直面した自宅の2つの“罠” 2020/8/9

「従業員が2日間微熱後に解熱、出社しても可?」 2020/8/2

偉大な医学者、工学者、2人の訃報に思う 2020/7/5

インパール作戦の軍医だった祖父の思い出 2020/5/24

「家から一歩も出られないのが非常につらい」 2020/5/10

新型コロナウイルス感染症、産業医にも相談多々 2020/3/8

医師の「副業」、バラエティ番組に出演してみた 2020/2/16

新型コロナウイルス、産業医として気付いた3つのこと 2020/2/4

「禁煙するつもりがないパチンコ屋、どうする?」 2020/1/26

母校東大の内科合同新年会に出席してみました 2020/1/12

フリーランス医師、“青い芝生”とは限らず 2019/12/15

台風19号当日、山岳耐久レースのはずが…… 2019/11/10

産業医、時々「当直医」、4つの得あり 2019/10/14

僕の4人の娘たち、いずれも「リケジョ」 2019/9/23