m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>PCR検査陰性なら12.5日で退院可能

PCR検査陰性なら12.5日で退院可能

新型コロナ、厚労省が自治体へ疑似症・退院基準を説明

2020年2月6日 小川洋輔(m3.com編集部)


厚生労働省は2月6日、保健所設置自治体の担当者が集まる全国衛生主管部(局)長会議を開き、新型コロナウイルス(2019-nCoV)の疑似症や患者の退院の基準などを説明した。潜伏期間については、疑似症サーベイランスや検疫の条件では14日間に据え置く一方、PCR検査で陰性が確認された不顕性感染者は、PCRで2回陰性が確認されれば、12.5日間で医療機関等からの退院を認める。加藤勝信厚労相は「現時点で日本国内において流行が認められる状況ではないと認識はしているが、国民にもさまざまな心配や懸念がある。万全...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

医療機関の素朴な疑問に答えるQ&A、新型コロナウイルス 2020/2/18

日医、新型コロナ対策で都道府県・郡市区医師会長に通知 2020/2/17

「37.5度以上の発熱4日以上」なら新型コロナ相談を、厚労省 2020/2/17

新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(No.3)【押谷仁教授メッセージ】 2020/2/17

WHO専門家会議「見えてきた日本への期待と課題」-末松誠・AMED理事長に聞く 2020/2/17

新型コロナ「国内発生の早期段階」、検査・診療は重症肺炎患者を優先に 2020/2/17

「国内で感染伝播がどんどん続く状況にはまだない」、中島・大東大教授 2020/2/15

WHO進藤氏、「新型コロナウイルスの根絶、日本の踏ん張り次第」 2020/2/14

医師感染の和歌山の病院に専門家派遣へ、厚労相 2020/2/14

新型コロナウイルスに我々はどう対峙したらいいのか(No.2)【押谷仁教授メッセージ】 2020/2/14

医師の6割、「新型コロナウイルス感染症疑い、全例PCR検査を」 2020/2/14

検査体制強化など、COVID-19緊急対応策に153億円 2020/2/13

クルーズ船調査の医師「新型コロナ対応後は自己検疫を」 2020/2/13

「空港はひっそり。マスク、ビニール手袋姿が多数」 2020/2/13

「都民の皆様へのお願い」を会員に配布、都医師会 2020/2/13

新型コロナ患者、指定機関以外でも入院可能に 2020/2/12

新型コロナウイルス感染死亡、中国国内で811人、SARS上回る 2020/2/9

8日までに国内感染者は89人、新型コロナ 2020/2/8

感染症学会理事長「細菌性肺炎の合併がないか確認を」 2020/2/7

エアロゾル実施時以外はN95マスク「使用控えて」 2020/2/7