m3.com トップ>医療維新>レポート|無給医問題>無給医2819人、59大学病院で9%、文科省が最終結果

無給医2819人、59大学病院で9%、文科省が最終結果

日大93人、慶應大87人、東大57人、女子医大7人、新たに判明

2020年2月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


文部科学省は2月7日、いわゆる無給医問題について、全国医学部、歯学部の108の大学附属病院を対象に実施した調査の最終結果を公表、調査対象者3万1801人中、9%に当たる2819人が無給医に当たることが明らかになった。同省は2019年6月に公表した中間結果で無給医は2191人と公表していたが、精査の結果、628人増えた。無給医の所属先は調査対象108病院中、59病院に上り、半数を超えた(資料は、文科省のホームページ。中間結果は、『大学病院の「無給医」、少なくとも2191人、文科省調査』を参照)。中...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事