m3.com トップ>医療維新>レポート|真価問われる...> “東京の独り勝ち”当たらず、尾崎都医会長

“東京の独り勝ち”当たらず、尾崎都医会長

研修医上限を問題視、「東京で研修後、地方に行く仕組み必要」

2020年2月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京都医師会会長の尾崎治夫氏は、2月12日の定例記者会見で、医師に恵まれ“東京は独り勝ち”と言われるが、それは当たらないとし、若手医師は症例豊富な東京で初期臨床研修と専門研修を行い、その後に地方に医師が行く枠組みこそつくる必要があると強調した。尾崎会長は、「東京は(医学科を有する大学が)13大学あり、ドクターに非常に恵まれ、“東京は独り勝ち”と言われているが、そうではない」と述べ、臨床研修の東京都の定員上限が2020年度は前年度比64人減の1473人、2021年度は前年度比120人減の1353人...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

真価問われる専門医改革に関する記事(一覧

サブスペシャルティ領域のWG、厚労省で進行中 2020/2/14

“東京の独り勝ち”当たらず、尾崎都医会長 2020/2/12

2020年度専門研修開始、第2次登録者数は698人 2020/1/20

2020年度開始、1次登録で専門研修先決定は8299人 2019/12/23

専門研修新整備指針(第三版)案、臨時社員総会で了承されず 2019/12/12

総合診療の専攻医、1次登録で191人、日本専門医機構が公表 2019/12/11

2020年度専攻医の1次登録、8613人、前年度同期比4.6% 2019/11/18

23のサブスペ連動研修、またもや結論出ず、WG設置へ 2019/11/8

2020年度専門研修、1次登録開始、1週間で3176人 2019/10/21

2020年度専門研修、専攻医1次登録は10月15日から 2019/9/24

地域枠、自治医大卒医師、専攻医シーリング外での採用可能に 2019/9/11

シーリングの在り方「これでいいのか」日本専門医機構理事長 2019/8/26

サブスペ「病院総合診療医」、2020年度から養成へ 2019/8/10

「新・家庭医療専門医」、世界標準を目指し本格稼働 2019/8/5

シーリングに関する協議会を8月設置、11月に意見集約へ 2019/7/22

サブスペシャルティ専門医の協議会、7月に設置へ 2019/6/27

専攻医シーリングの協議会、早ければ7月にも 2019/6/24

専攻医の地域、病院規模別分布も分析可能-横山彰仁・日本内科学会専門医制度審議会会長に聞く◆... 2019/6/19

「J-OSLER」、世界に類を見ない電子研修手帳-横山彰仁・日本内科学会専門医制度審議会会... 2019/6/10

内科専攻医の経験症例、「J-OSLER」で“見える化” 2019/6/3