m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>クルーズ船調査の医師「新型コロナ対応後は自己検疫を」

クルーズ船調査の医師「新型コロナ対応後は自己検疫を」

従事者一律隔離なら医療提供体制に支障、政府や国民に理解求める

2020年2月13日 小川洋輔(m3.com編集部)


日本感染症学会と日本環境感染学会は2月13日、横浜市で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメディア・市民向けセミナーを開いた。100人以上の感染者が判明しているクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗り込み、衛生管理の状況などを調べた医師で岩手医科大学教授の櫻井滋氏が登壇し、「医療従事者は自分の危険を顧みず、あの船に出ている。シフト制で既に船から降りて、『自己検疫』をやっている医療従事者もいる」と述べ、感染症の対応に当たった医師らが各医療機関に戻れるよう理解を求める必要がある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

医療機関の素朴な疑問に答えるQ&A、新型コロナウイルス 2020/2/18

日医、新型コロナ対策で都道府県・郡市区医師会長に通知 2020/2/17

「37.5度以上の発熱4日以上」なら新型コロナ相談を、厚労省 2020/2/17

新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(No.3)【押谷仁教授メッセージ】 2020/2/17

WHO専門家会議「見えてきた日本への期待と課題」-末松誠・AMED理事長に聞く 2020/2/17

新型コロナ「国内発生の早期段階」、検査・診療は重症肺炎患者を優先に 2020/2/17

「国内で感染伝播がどんどん続く状況にはまだない」、中島・大東大教授 2020/2/15

WHO進藤氏、「新型コロナウイルスの根絶、日本の踏ん張り次第」 2020/2/14

医師感染の和歌山の病院に専門家派遣へ、厚労相 2020/2/14

新型コロナウイルスに我々はどう対峙したらいいのか(No.2)【押谷仁教授メッセージ】 2020/2/14

医師の6割、「新型コロナウイルス感染症疑い、全例PCR検査を」 2020/2/14

検査体制強化など、COVID-19緊急対応策に153億円 2020/2/13

クルーズ船調査の医師「新型コロナ対応後は自己検疫を」 2020/2/13

「空港はひっそり。マスク、ビニール手袋姿が多数」 2020/2/13

「都民の皆様へのお願い」を会員に配布、都医師会 2020/2/13

新型コロナ患者、指定機関以外でも入院可能に 2020/2/12

新型コロナウイルス感染死亡、中国国内で811人、SARS上回る 2020/2/9

8日までに国内感染者は89人、新型コロナ 2020/2/8

感染症学会理事長「細菌性肺炎の合併がないか確認を」 2020/2/7

エアロゾル実施時以外はN95マスク「使用控えて」 2020/2/7