m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>WHO進藤氏、「新型コロナウイルスの根絶、日本の踏ん張り次第」

WHO進藤氏、「新型コロナウイルスの根絶、日本の踏ん張り次第」

第35回日本環境感染学会の「緊急セミナー」で講演

2020年2月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


第35回日本環境感染学会総会・学術集会が2月14日、横浜市で開催され、緊急セミナー「新型コロナウイルス感染症の対策を考える」で、WHO(世界保健機関)健康危機管理プログラムシニアアドバイザーの進藤奈邦子氏が登壇、日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応に、世界の注目が集まっていると指摘した。「世界中が今、心配しているのは、日本。中国はちゃんとやってくれると思う。ぜひ日本に踏ん張っていただきたい。ここでうまく食い止められないと、WHOはelimination(根絶)を諦めて、mi...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

初診オンライン、「かかりつけ医基軸」も開業医賛成25%に留まる 2020/10/31

COVID-19陽性の妊産婦は72人、2020年1~6月 2020/10/29

無症状者の検査「安心感」巡り議論、分科会 2020/10/29

医療計画に「新興感染症拡大時の医療提供体制」追加へ 2020/10/29

PCR自費検査機関「費用や方法」開示を、厚労省 2020/10/28

オンライン初診「原則として反対」日病 2020/10/26

医療機関クラスター「職員の休憩室、リハビリ」に注意、分科会で報告 2020/10/24

入院・重症者数「直近では増加に」、アドバイザリーボード 2020/10/22

武漢チャーター機対応、院内外の不安払拭に奔走、亀田総合・細川医師 2020/10/22

医学生の9割、コロナ禍で臨床実習に制限、医学連調査 2020/10/20

相模原中央病院「報道過熱で風評被害」、政府WGで報告 2020/10/19

「増加と減少が拮抗」クラスター多様化に警鐘、新型コロナ分科会 2020/10/16

患者・職員等564人にPCR検査、「収束宣言」-等潤病院に学ぶCOVID-19院内感染対応... 2020/10/16

大学病院「累積損益が拡大」、AJMC7月経営調査 2020/10/15

埼玉県知事・県医師会長が対談で発熱患者の対応医療機関公募をPR 2020/10/15

「発熱患者対応機関、できるだけ多く」日医 2020/10/15

診療・検査医療機関の指定「全かかりつけ医が取って」都医 2020/10/14

全国の実効再生産数「1を上回る」アドバイザリーボード 2020/10/14

「数理モデル研究からうかがえる高齢者の著しい行動変容」西浦京大教授 2020/10/12

「日本は成功組」、進藤氏がWHOの評価紹介 2020/10/12