m3.com トップ>医療維新>レポート>外国人客増加「感染症対策に変化」、五輪で注意の6感染症は

外国人客増加「感染症対策に変化」、五輪で注意の6感染症は

ホストタウンに警戒、医療関係者への推薦ワクチンは「髄膜炎」

2020年2月17日 岩崎雅子(m3.com編集部)


横浜市で2月15日に開かれた第35回日本環境感染学会総会・学術集会の企画、MeettheExpert「東京オリンピック・パラリンピックに備えて」で講演した防衛医科大学校内科学講座(感染症・呼吸器)教授の川名明彦氏は、「訪日外国人数が急増する中、(従来の)輸入感染症に加え、インバウンド感染症のヒト-ヒト感染の概念が重要になる」と感染症の傾向を説明。インバウンド感染症は「咳エチケットや手指衛生、定期予防接種などが重要になるなど、対策が若干異なってくる」と述べ、東京五輪で警戒される6つのインバウンド感...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「予期せぬ死亡調査制度」の通称案浮上、医療安全調査機構・運営委 2020/8/12

医師確保で岩手・新潟県ら12県知事会が厚労省に提言書 2020/8/8

厚労省幹部人事、鈴木医務技監は交代、後任に福島・国立保健医療科学院院長 2020/7/31

データヘルスで2年間の集中改革方針を確認、厚労省 2020/7/30

准看護師、高裁は逆転無罪、「あずみの里」事件(2020/7/28追記) 2020/7/28

厚労省改革実行チーム、テレワークや国会業務で成果 2020/7/21

女子医大「資金調達にめど」夏季ボーナス支給へ 2020/7/20

日本医学会連合が国民に啓発メッセージ「主体的行動を」 2020/7/17

避難所の半数超は高齢者「看護・介護ニーズ応えきれず」 2020/7/13

東京女子医大「夏季ボーナスゼロ」労組が猛反発 2020/7/13

「例がない誠意ある態度」日本医師ユニオン、長崎みなとMC和解で 2020/7/10

33歳男性医師「無念の過労死」と謝罪、長崎みなとメディカルセンター 2020/7/10

コロナ禍の災害、現地派遣の医師「支援控え」に警鐘 2020/7/9

医療機関検索システム、国民は知らない 2020/7/2

新たな分科会「国から日医にまだ説明ない」日医 2020/7/2

強制不妊手術や被害救済への対応遅れ「深い反省とお詫びの表明を」 2020/6/25

「前のめりになった専門家会議」、政府との関係性明確化を提言 2020/6/25

医療従事者への応援メッセージ◆Vol.5 2020/6/19

国がん中央病院、新院長の島田氏「世界最高レベルの医療を提供」 2020/6/16

手術・透析など診療情報、参照可能なシステム構築目指す 2020/6/16