m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>感染症部会「感染研が検査会社に墜ちている」との指摘も

感染症部会「感染研が検査会社に墜ちている」との指摘も

「肺炎なのにPCR検査ができなかった」など不満も多々

2020年2月19日 高橋直純(m3.com編集部)


厚生労働省は2月18日、厚生科学審議会感染症部会(座長:脇田隆字・国立感染症研究所所長)を開催し、新型コロナウイルス感染症対策の現状について報告した。委員からは「国際的な感覚と日本の感覚がずれている」などとの指摘が続いた。今回の感染症部会はエボラ出血熱を念頭にした「一類感染症発生に関する公表基準」についての議論のために設定されていたが、厚労省から新型コロナウイルス感染症に対する現状の取り組み状況が説明された。委員からは質問や要望が相次いだ。日本医療研究開発機構(AMED)戦略推進部長の岩本愛吉氏...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

愛知県知事、「緊急事態宣言を要請」、県独自にも 2020/4/9

研修医は「医療者として自分の生活を律して」日医横倉会長 2020/4/9

オンライン初診は「特例中の特例、例外中の例外」日医 2020/4/9

大阪府知事、軽症者用ホテルに2万室の応募「今週にも第1号で受け入れを」 2020/4/9

千葉県知事「これからは昼間も自粛をお願い」 2020/4/8

「極力8割低減」、西村担当相が7都府県知事に要請 2020/4/8

兵庫県知事、医療者らへの風評被害に「憶測やデマに惑わされず、冷静に」 2020/4/8

大阪府知事「国や自治体、府民の連携で最悪の事態を抑えられる」 2020/4/8

政府の緊急経済対策、医療に1.8兆円 2020/4/8

初診含めたオンライン診療解禁「感染収束まで」 2020/4/8

医労連「政府の公衆衛生政策の誤り露呈」 2020/4/8

神奈川県知事「闘う医療体制を先導してきた自負がある」 2020/4/8

埼玉県知事「感染症専門医以外の動員も」 2020/4/8

緊急事態宣言でも、全医療者へ「事業継続」を要請 2020/4/8

宣言時期は「専門家の意見を尊重、恣意的判断ではない」西村担当相 2020/4/8

横倉日医会長「爆発的増加防ぐ、ギリギリのタイミング」 2020/4/7

「緊急事態宣言」5月6日まで、東京など7都府県が対象 2020/4/7

加藤厚労相、防護具供給「広範な協力をお願いする」 2020/4/7

「国民の行動を変えたかった」日医の宣言要請の背景-釜萢敏・日医常任理事に聞く 2020/4/7

診療体制強化やECMO整備など232億円補正、東京都 2020/4/7