m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>独居の高齢者が救急外来に、その時どうする?

独居の高齢者が救急外来に、その時どうする?

ご家族以外で、連絡すると良いところとは?

2020年2月29日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


1月の寒い日でした。内科の後期研修医で午後の救急車当番をしているA先生のところに、加藤さん(仮名)という79歳の女性(既往に高血圧)が搬送されました。主訴は脱力感。頭痛や胸痛などの症状はなく、発熱もありませんでした。血圧は130/80mmhg、SpO2は98%(室内気)、呼吸数は14回/分でした。他の診察所見も問題ありませんでした。脱水や電解質異常を疑い採血をすると、軽度の低ナトリウム血症とクレアチニンが上昇しており脱水が考えられました。一緒に働く研修医のB先生から「場合によっては入院した方が良...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事