m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|【令和の医療...>「AI×精神科」、慶應大で研究進める◆Vol.2

「AI×精神科」、慶應大で研究進める◆Vol.2

医師の評価、NPS活用し賞与にも反映

2020年3月28日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


【令和の医療◆30歳若手開業医の現在、過去、未来】医療法人弘寿会(東京都千代田区)理事長・田澤雄基氏Vol.1開業医、経営者、研究者の「3つの顔」持つ30歳Vol.2「AI×精神科」、慶應大で研究進めるVol.3慶應大医学生時代、佐久総合病院などで実習Vol.4内科と精神科、融合したアプローチを模索Vol.5「医師の役割、AIで激変」は想定しにくく――まず現在の生活をお教えください。開業医、ベンチャー経営者、研究者という役割をどのようにこなしているのでしょうか。現在は慶應大の精神科所属で、この春...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事