m3.com トップ>医療維新>オピニオン|新型コロナウ...>新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(No.4)【押谷仁教授メッセージ】

新型コロナウイルスに我々はどう対峙すべきなのか(No.4)【押谷仁教授メッセージ】

想像する力を武器に

2020年2月26日 m3.com編集部


東北大学の許諾を得て、WHO(世界保健機関)西太平洋地域事務局で感染症地域アドバイザーとして従事した経験を持つ、同大医学系研究科微生物学分野教授の押谷仁氏のメッセージを転載します。原文は2月22日付で東北大学大学院医学系研究科・医学部のホームページで公開されています。バックナンバーは、No.1(2月4日付)、No.2(2月12日付)、No.3(2月15日付)よりご覧いただけます。(※小見出しはm3.com編集部で作成、挿入しています)この文章を書いている2月21日は、2003年のSARSの国際的...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

愛知県知事、「緊急事態宣言を要請」、県独自にも 2020/4/9

研修医は「医療者として自分の生活を律して」日医横倉会長 2020/4/9

オンライン初診は「特例中の特例、例外中の例外」日医 2020/4/9

大阪府知事、軽症者用ホテルに2万室の応募「今週にも第1号で受け入れを」 2020/4/9

千葉県知事「これからは昼間も自粛をお願い」 2020/4/8

「極力8割低減」、西村担当相が7都府県知事に要請 2020/4/8

兵庫県知事、医療者らへの風評被害に「憶測やデマに惑わされず、冷静に」 2020/4/8

大阪府知事「国や自治体、府民の連携で最悪の事態を抑えられる」 2020/4/8

政府の緊急経済対策、医療に1.8兆円 2020/4/8

初診含めたオンライン診療解禁「感染収束まで」 2020/4/8

医労連「政府の公衆衛生政策の誤り露呈」 2020/4/8

神奈川県知事「闘う医療体制を先導してきた自負がある」 2020/4/8

埼玉県知事「感染症専門医以外の動員も」 2020/4/8

緊急事態宣言でも、全医療者へ「事業継続」を要請 2020/4/8

宣言時期は「専門家の意見を尊重、恣意的判断ではない」西村担当相 2020/4/8

横倉日医会長「爆発的増加防ぐ、ギリギリのタイミング」 2020/4/7

「緊急事態宣言」5月6日まで、東京など7都府県が対象 2020/4/7

加藤厚労相、防護具供給「広範な協力をお願いする」 2020/4/7

「国民の行動を変えたかった」日医の宣言要請の背景-釜萢敏・日医常任理事に聞く 2020/4/7

診療体制強化やECMO整備など232億円補正、東京都 2020/4/7