m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師のMRと...>薬剤選択で重視、トップは「科学的根拠」◆Vol.11

薬剤選択で重視、トップは「科学的根拠」◆Vol.11

40歳未満と40歳以上で「製薬企業の情報提供」による影響に差

2020年3月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


Q:先生が処方する薬剤を決定する際に普段重視している項目は以下のどれですか。全てお答えください。6つの具体的項目に加え、「この中にはない」を加えた計7項目について複数選択で尋ねた結果、最も多かったのは「薬剤に関する効果・効能・安全性についての科学的根拠」で約9割に上った。「患者さんにおける処方継続の簡便さ」も6割近くに上った。一方、「MRなど製薬企業関係者からの情報提供や製薬企業が主催する講演会・説明会での医療者による発表」(以下、製薬企業からの情報提供)を挙げたのは全体では18.0%。40歳未...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事