m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>日本で直面した処方をめぐる「3つの壁」

日本で直面した処方をめぐる「3つの壁」

処方ミスを防ぐために地域フォーミュラリーの導入必要

2020年3月8日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


忙しい外来の中、薬剤師からの照会に対応する日ほど、大変な日はない。ある日、日本のクリニックで私は、典型的なインフルエンザの女性にタミフルを処方しようとした。すると、その患者は「私は以前タミフルを飲んで気持ち悪くなり飲めません」と一言。私は第二選択として使っているリレンザを処方した。次の患者を診ていると、ある町の調剤薬局の薬剤師から電話がかかってきた。リレンザのストックがなくなり、イナビルに変更してほしいとのこと。慌てて患者の合間をぬって、使い慣れないイナビルを処方した。外来を続けていると、薬剤師...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事