m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>【石川】がん患者の外見の悩みに寄り添う金沢医科大学病院集学的がん治療センター‐久村和穂・金沢医科大学腫瘍内科学講師らに聞く◆Vol.1

【石川】がん患者の外見の悩みに寄り添う金沢医科大学病院集学的がん治療センター‐久村和穂・金沢医科大学腫瘍内科学講師らに聞く◆Vol.1

2020年3月13日 m3.com地域版


金沢医科大学腫瘍内科学講師の久村和穂氏らが中心となり、同大学病院と石川県がん安心生活サポートハウス「つどい場・はなうめ」が連携して、「がん患者の外見(アピアランス)サポート研修会」を開催する。石川県内の美容師・ネイリストらに呼び掛け、脱毛、皮膚のトラブルなどがん患者特有の外見変化とその支援に関する学習機会を提供し、地域の医療関係者と協働して患者支援ネットワークを構築していくためのプロジェクトの一環である。研修会では、地域の理美容家(理容師・美容師・ネイリストなど)が、がん経験者の支援を担うことが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【沖縄県】「人員確保が困難」「現在の意識は感染対策へ向いている」 2021/3/5

【鹿児島県】「ボランティア参加が役立った」「日頃からの訓練が重要」 2021/3/5

【宮崎県】「ヘリポートを備えた病院増」「災害拠点病院が指定」 2021/3/5

【大分県】「病院に非常食が常備された」「実感が湧かない」 2021/3/5

【熊本県】「熊本地震で実践」「飲料水の備蓄や役に」 2021/3/5

【長崎県】「医師の高齢化で電子化が困難」「大規模災害対応できない」 2021/3/5

【佐賀県】「危機意識の共有、維持の難しさ」 2021/3/5

【福岡県】「災害対策の専門スタッフや救急救命士の雇用」 2021/3/5

【高知県】「専門医師を中心としたコーディネーターシステムを構築」 2021/3/5

【愛媛県】「自治体、救急隊との合同訓練を実施」「どこか他人事」 2021/3/5

【香川県】「院内対応マニュアルの作成、勉強会の開催」 2021/3/5

【徳島県】EMISの記録方法は約7割が「把握していない」 2021/3/5

【山口県】「災害訓練がまじめに行われるようになった」「他施設間の協力関係築く」 2021/3/5

【広島県】「地域の病院との連絡網の充実」「水の取得を確実に」 2021/3/5

【岡山県】「アプリ利用の災害状況や患者受け入れの相談が可能に」 2021/3/5

【島根県】自治体の災害時マニュアル「把握していない」が4割 2021/3/5

【鳥取県】「食品や水の備蓄を計画的に管理」「医療資源に余裕を」 2021/3/5

【和歌山県】「人によって危機意識の有無の差が激しい」 2021/3/5

【奈良県】「災害拠点病院の機能を広げる動き」「訓練に緊張感持てない」 2021/3/5

【兵庫県】「近隣病院との情報交換、医療連携がスムーズに」 2021/3/5