m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>東京都 AI活用の認知症研究に10億円 2020年度予算案

東京都 AI活用の認知症研究に10億円 2020年度予算案

2020年3月20日 m3.com地域版


東京都は1月24日、2020年度当初予算案を発表した。医療分野においては、「がん・受動喫煙防止対策などの推進」「医療体制の充実」「在宅医療の充実」「災害医療対策の強化」「救急活動体制の充実」「認知症施策」に計376億円を計上し、うち金額の大きい新規事業として、「AIなどを活用した認知症研究事業」に10億円を、「都立病院などの地方独立行政法人への移行に向けた準備」に6億円を、医療の機能分化を進めるための「地域医療構想推進事業」に5億円を計上した。一般会計総額は前年度比1.4%減の7兆3540億円で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【高知】経営も医院継承も順調。四万十に必要とされるかかりつけ医‐小笠原望・大野内科理事長に... 2020/4/3

【山口】宇部市民が岩手県遠野市・埼玉県美里町・京都府八幡市・鹿児島県指宿市の4市町と健康対... 2020/4/3

【滋賀】起業家育成プログラムで医療分野の産学連携を推進-松浦昌宏・滋賀医科大学研究戦略推進... 2020/4/3

【愛知】子どもたちの未来のために、診療科の垣根を越えた専門性の高い医療を提供‐齋藤伸治・名... 2020/4/3

【香川】課題は若い緩和ケア医を育てること-原一平・香川県立中央病院緩和ケア内科部長に聞く◆... 2020/4/3

【富山】ケアミックス転換し、病病・病診・病福連携で地域医療推進-堀江幸男・富山県済生会富山... 2020/4/3

【茨城】日本で初めての疫学調査から、40年以上にわたり認知症ケアに関わる‐本間昭・お多福も... 2020/4/3

【広島】西日本豪雨の経験を生かした災害医療システムづくり-大毛宏喜・広島大学防災・減災研究... 2020/4/3

【青森】八戸市の在宅医療体制を整え、次の世代に希望を-小倉和也・はちのへファミリークリニッ... 2020/4/3

【鳥取】琴浦町の取り組みを基盤に県全体の認知症予防プログラムを作成‐浦上克哉・鳥取大学医学... 2020/4/3

【新潟】国の病院再編計画に異を唱え、松代病院の存続を望む住民主催シンポジウムに330人集結 2020/4/3

【三重】県下で4つの支援者ネットワークを結成し、地域全体で医療的ケア児をサポート-岩本彰太... 2020/4/3

【岡山】運動不足解消のためマラソンを始め、ドクターランナーに-高杉尚志・高杉こどもクリニッ... 2020/4/3

【大阪】大阪市立大学医学部と中小メーカーが「ものづくり医療コンソーシアム」設立‐大畑建治・... 2020/4/3

【秋田】豪雪地域で夜中の往診もいとわず、赤ひげ大賞を受賞した83歳現役医師‐大里祐一・大里... 2020/4/3

【徳島】何事も先駆けて導入。地元で長年頼りにされる地域密着型病院‐松永厚美・松永病院副院長... 2020/4/3

【鹿児島】過疎地から全国の予防接種拡大にも尽力。「日本一子育てにやさしいまち」に-福重寿郎... 2020/4/3

【東京】開業10年で4院、年間来院12万人の小児科グループが生まれた理由‐小暮裕之・有明こ... 2020/4/3

【山形】117年の歴史を基盤に、高齢者医療に総合的に取り組む‐高橋敬治・至誠堂総合病院病院... 2020/4/3

【千葉】“気がかり“に耳を傾けることが本来の緩和ケア‐大岩孝司・さくさべ坂通り診療所所長に... 2020/4/3