m3.com トップ>医療維新>医師調査|新専門医制度...>臨床研修中の5割強、「勤務環境」が専攻決定に影響◆Vol.2

臨床研修中の5割強、「勤務環境」が専攻決定に影響◆Vol.2

勤務環境の負担減、希望地域での勤務を重視傾向

2020年5月16日 岩崎雅子(m3.com編集部)


基本領域の専攻決定に影響する要素と影響した要素を、臨床研修中の医師と新専門医制度で研修中の医師にそれぞれ尋ねると、いずれもトップは「医学・医療的な関心」(臨床研修中89.2%、専門研修中86.3%)で、続く「勤務環境(重労働か、医療訴訟が多いか否かなど)」(臨床研修中50.8%、専門研修中30.1%)と大きな差があった。「将来の患者ニーズの動向(患者数増が見込まれるか否かなど)」(臨床研修中36.9%、専門研修中24.7%)が続き、上位3つの順位は臨床研修中と専門研修中で同じだった(複数選択)。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事