m3.com トップ>医療維新>医師調査|新専門医制度...>シーリング約8割が「要因になる」、臨床研修中◆Vol.3

シーリング約8割が「要因になる」、臨床研修中◆Vol.3

専門研修、各地域のブロック地に集まる傾向も

2020年5月24日 岩崎雅子(m3.com編集部)


新専門医制度では、医師数の地域差を是正するため、都道府県別に専攻医の募集定員の上限(シーリング)を定めている。臨床研修中の医師と新専門医制度で研修中の医師に、シーリングが基本領域決定時の要因になるか、なったかをそれぞれ尋ねたところ、臨床研修中の医師の計78.5%が「要因になる」(「大きな要因になる」27.7%、「ある程度要因になる」50.8%)と回答した。一方、専門研修中の医師では、最も多いのが「要因にならなかった」の37.0%。「要因になる」は計41.1%と、臨床研修中の医師と37.4ポイント...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事