m3.com トップ>医療維新>インタビュー|国際医療NG...>海外で医療「最初の戸惑いはコスト意識の差」―国際医療NGO「ジャパンハート」海外医療統括医師・森徳郎氏に聞く◆Vol.1

海外で医療「最初の戸惑いはコスト意識の差」―国際医療NGO「ジャパンハート」海外医療統括医師・森徳郎氏に聞く◆Vol.1

アジア3カ国で日本人医師が働く意義

2020年3月21日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


アジア3カ国で国際医療協力を展開しているNGO「ジャパンハート」。日本の医師がアジアで活躍する意義、実態について、ボランティアとして参加する医師に継続的にレポートしていただく。まず初めに海外医療統括として各国を飛び回る医師、森徳郎氏に団体の概要を聞いた(2019年12月18日にインタビュー。全2回の連載)。――ジャパンハートとはどのような活動をしている団体か、ご説明いただけますでしょうか。ジャパンハートは2004年に小児外科医の吉岡秀人が創設した国際医療NGOです。「医療の届かないところに医療を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事