m3.com トップ>医療維新>オピニオン|国際医療NG...>ミャンマーで手術、「日本の手術成績、恵まれた環境の賜物」と気づく

ミャンマーで手術、「日本の手術成績、恵まれた環境の賜物」と気づく

現地大学病院で高度進行癌を手術

2020年4月18日 遠藤俊治(ジャパンハート)


アジア3カ国で国際医療協力をしているNGO「ジャパンハート」。日本の医師がアジアで活躍する意義、実態について、ボランティアとして参加する医師に継続的にレポートしていただく。今回は大阪市立東大阪医療センターで外科医として働く傍ら、ボランティアで手術をする遠藤俊治氏がミャンマーで行った手術を振り返っていただいた。私は1996年に医師免許取得後、主に市中病院で消化器外科の臨床に携わってきました。たまたま2013年4月の日本外科学会で、ジャパンハート創設者の吉岡秀人先生の講演を拝聴しました。そのとき、は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事