m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>入院は重症者優先、「変更検討を進めるべき」、専門家会議

入院は重症者優先、「変更検討を進めるべき」、専門家会議

日本型感染症対策を模索、感染未確認地域で活動再開を推奨

2020年3月20日 高橋直純(m3.com編集部)


新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(座長:脇田隆字・国立感染症研究所所長)は3月19日に新たな「状況分析・提言」をまとめた。国内感染者が都市部を中心に増えており「今後、感染源が〔オーバーシュート〕を伴う大規模流行につながりかねない」と引き続きの警戒を呼びかけ、医療提供体制を維持するために入院は重症者優先とするよう「変更する検討を進めるべきだと判断した」と説明した。同時に、「日本型の感染症対策を模索していく」として、感染が確認されていない地域では学校活動や屋外スポーツなどの再開も奨励した(資料...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

COVID-19への「医師の警戒レベル」、10段階で「8.0」超に 2020/4/4

「非常事態、希望する全患者にオンライン診療を」規制改革推進会議 2020/4/3

山梨大学における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘い(第2報) 2020/4/3

東京都、来週にも軽症者を宿泊施設へ移動開始 2020/4/3

「感染爆発が起きてからでは遅い」、医師議連が対策求める決議 2020/4/3

愛知県知事、専門家会議提言に「迷惑千万」「医療者の足引っ張る」 2020/4/3

厚労省が退院基準の検査間隔を変更、最短の退院では12時間短縮 2020/4/3

軽症者にはPCR検査推奨せず、自宅待機を促進 2020/4/3

初診のオンライン診療、「時限的措置」で一部解禁へ 2020/4/3

感染爆発時の人工呼吸器「再配分」容認などを提言 2020/4/2

「日本の集中治療はパンデミックに大変脆弱」集中治療医学会長 2020/4/2

首相、医療機関へマスク1500万枚追加配布を表明 2020/4/2

「重症でも全てがうまく行けば、救える」-大曲貴夫・国立国際医療研究センター・国際感染症セン... 2020/4/2

専門家会議「医療崩壊」に警鐘、オーバーシュート前でも「体制逼迫」 2020/4/2

「医療危機的状況宣言」を日医が宣言 2020/4/1

「医療者の感染リスク回避、オンライン診療活用を」安倍首相 2020/4/1

“瀬戸際”にある東京の医療の危機-大曲貴夫・国立国際医療研究センター・国際感染症センター長... 2020/4/1

PCR検査、日本の検査体制は?◆教えて感染症Vol.5 2020/4/1

西村担当相「少しでも気を緩めれば急拡大の瀬戸際」 2020/3/31

「接待を伴う飲食店」への出入り自粛要請、小池都知事 2020/3/31