m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】Fluctuat nec mergitur たゆたえども、沈まず

【フランス便り】Fluctuat nec mergitur たゆたえども、沈まず

政府対策に透けて見えるフランスの国民性

2020年3月21日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


1月25日、フランス国内で初の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例が同時に3人報告されました。パリの中国人旅行者1人、ボルドーの武漢からの帰国者の2人(3人とも回復後、退院)。当初は順調に一桁台で抑えられていた感染者数も、アルザス地方での大きな宗教集会での集団発生により、クラスター発生。そこから全国に信者が持ち帰る形で一気に国内での蔓延期に入りました。3月15日には感染者数5423人、死者数127人となり、全国一斉休校、外出禁止、生活上必要不可欠な活動以外の一切の商業・文化・娯楽活...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事