m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>【鹿児島】ボランティアバンドを始めたら、定年後の人生がより鮮やかに-谷山生協クリニックのとびくまBANDメンバーに聞く◆Vol.2

【鹿児島】ボランティアバンドを始めたら、定年後の人生がより鮮やかに-谷山生協クリニックのとびくまBANDメンバーに聞く◆Vol.2

2020年5月29日 m3.com地域版


鹿児島市の谷山生協クリニックに勤務する医療スタッフによる「とびくまBAND」は、高齢者と一緒に昭和歌謡を歌う音楽バンドだ。診療放射線技師の隈元満広氏が、5年前に一人で始めたボランティアに端を発する。今やメンバーは3人となり、高齢者らが心待ちにするバンドに。その活動は、現在定年後再雇用で働く3人のメンバー自身の人生にも大きな影響を与えたようだ。メンバーらにボランティアへの思いを聞いた。(2020年3月4日インタビュー、計2回連載の2回目)▼第1回はこちらとびくまBANDの合同練習は、閉院後のレント...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【兵庫】旧海軍飛行場跡を整備する加西市に「二式飛行艇」模型を寄贈-小山雅弘・明芳外科リハビ... 2020/8/14

【愛媛】地域医療をシームレスにする「HiMEネット」の可能性‐廣岡昌史・愛媛大学医学部附属... 2020/8/14

【山口】治療や生き方を自身で選び、決定する意識を地域で根付かせたい‐前川恭子・萩市国民健康... 2020/8/14

【山形】山形県の緩和ケアは危機的状況。置賜地方の4つの課題‐川村博司・三友堂病院緩和ケア科... 2020/8/14

【新潟】在宅も入院も一長一短。試すことで最適なケアを知ってほしい‐塚田裕子・在宅ケアクリニ... 2020/8/14

【奈良】グラム染色を用いると外来診療が面白くなる‐前田稔彦・まえだ耳鼻咽喉科クリニック院長... 2020/8/14

【福岡】病院が「COVID-19対応機器開発プロジェクト」を発動‐伊藤重彦・北九州市立八幡... 2020/8/14

【大阪】「エビデンスよりナラティブ」。患者の「物語」を重視した診療を-冨田和巳・親と子の診... 2020/8/14

【広島】『親子をつなぐサポートブック』が再注目される理由‐田中丈夫・安田女子大学薬学部教授... 2020/8/14

【埼玉】医学生奨学金制度の残留率98.7%。地域医療を支えることを期待‐川野辺健志・埼玉県... 2020/8/14

【東京】都で働く公衆衛生医師は約120人‐中島丈晴・東京都福祉保健局公衆衛生医師に聞く◆V... 2020/8/14

【愛知】117年、4代にわたる病院。地元の医療課題に挑み続ける‐冨田裕・冨田病院長に聞く◆... 2020/8/14

【北海道】指定管理者制度の導入で小児予防接種や専門外来を実現‐高橋琴絵・黒松内町国保くろま... 2020/8/14

【秋田】秋田大学PCRラボの協力で検査数大幅拡大 2020/8/4

【福岡】10日間でPCR検査センター開設。第2波に備える‐伊藤重彦・北九州市立八幡病院院長... 2020/8/4

【愛媛】地域の病院に電子カルテを共有する「HiMEネット」‐廣岡昌史・愛媛大学医学部附属病... 2020/7/31

【山口】独自の地域包括ケアで地域医療を支え合う‐前川恭子・萩市国民健康保険むつみ診療所医師... 2020/7/31

【山形】2病院の併設後も「がん化学療法患者全員に緩和ケア」増床して対応‐川村博司・三友堂病... 2020/7/31

【新潟】一人一人を大切にするから「白衣は着ない」‐塚田裕子・在宅ケアクリニック川岸町院長に... 2020/7/31

【京都】内科&小児科の連携で妊娠糖尿病による負の連鎖を食い止める-原島伸一・御所南はらしま... 2020/7/31