m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】ドメスティック・バイオレンス、虐待上昇

【フランス便り】ドメスティック・バイオレンス、虐待上昇

マスク従来の方針転換、有効性認める

2020年4月3日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


3月17日に、外出禁止令が出てから2週間が過ぎたフランスでは配偶者によるDV(ドメスティック・バイオレンス)および子どもへの虐待の問題が明らかになって来ています。3月31日、MarleneSchiappa(マルレーヌ・シアッパ)男女平等と差別問題担当官室国務長官は、「先週1週間でのパリ警視庁管轄地域における配偶者によるDV件数が36%上昇した」と発表。当然、これは警察が把握できた件数だけです。特に助けの届きにくい子供への虐待が心配です。「間違えでも良いから、疑わしい声や音が聞こえたら、こちらの電...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事