m3.com トップ>医療維新>オピニオン|国際医療NG...>カンボジアでのCOVID-19対策、感染症内科医としての視点から

カンボジアでのCOVID-19対策、感染症内科医としての視点から

2020年4月5日 神白麻衣子(ジャパンハート)


アジア3カ国で国際医療協力をしているNGO「ジャパンハート」。日本の医師がアジアで活躍する意義、実態について、ボランティアとして参加する医師に継続的にレポートしていただく。今回はジャパンハート理事でカンボジア病院事業責任者の神白麻衣子氏にカンボジアでの感染対策を紹介してくれた。私は今、カンボジアのウドンというところで、NPOジャパンハートの病院事業責任者をしています。具体的には、ジャパンハートが建てた病院の院長として、病院の運営と、臨床面ではカンボジア人スタッフと日本人ボランティアで構成される医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事