m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】COVID19に見られる高齢者施設における問題

【フランス便り】COVID19に見られる高齢者施設における問題

高齢者介護・医療の優先度が低いフランス

2020年4月14日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


はじめにフランスでは、3月上旬の高齢者施設を対象とする非常事態医療体制ブルー・プランの発令により、家族を含め外部者の施設への立ち入り禁止が適用された。個室隔離、自室から出ることの禁止、施設内でのさまざまな行動・活動の制限、家族の立ち会いなしでの最期、死後処置の禁止などの厳しい規制は、倫理的な問題へと発展。渦中に、フランソワ・オランド前大統領の父、ジョルジュ・オランド氏(享年96)死去。高齢者施設で、誰にも会えずに電話口で別れを告げたことをオランド前大統領自身が証言。4月1日、CCNE(Conse...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事