m3.com トップ>医療維新>医師調査|COVID-...>外来患者数83.4%が「減少」、COVID-19影響で◆Vol.1

外来患者数83.4%が「減少」、COVID-19影響で◆Vol.1

業務減少は44.8%、増加は19.8%と医師により相違

2020年4月18日 岩崎雅子(m3.com編集部)


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、政府が改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発出、一部地域では一般病院での患者受け入れも進み始めている。COVID-19拡大に伴う診療への影響についてm3.com医師会員に4月10日から15日にかけて調査を実施、3729人から回答があった。外来患者数の変化について、計83.4%が「大幅に減少」もしくは「減少」と回答。「減少」と答えた比率が最も高かった感染症指定医療機関の市中病院では88.8%に上り、患者の減少が浮...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事