m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】心理面からみたフランスのCOVID-19

【フランス便り】心理面からみたフランスのCOVID-19

外出禁止令緩和の3条件、フランス人は従うか

2020年4月20日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


3月17日から始まったフランス全土への外出禁止令も、5月11日で緩和されると見られています。緩和の最低条件として、(1)陽性者位置情報アプリの導入、(2)優先度の高い人(医療従事者、咳・発熱などの症状のある患者)から順に必要な全ての国民にPCR検査または抗体検査が実施できる体制、(3)全国民に配布するマスク、の3点の準備完了が挙げられており、現時点ではいずれもまだクリアできていません。4月13日にマクロン大統領はテレビ演説を行い、「外出禁止令緩和後も、高齢者は、継続して家にいるように」と発言し波...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事