m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>研修医のギャップととまどいに備える

研修医のギャップととまどいに備える

「オネショ」を観察、3つの「ギャップ」に要注意

2020年4月26日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大成田病院救急科部長)


医師も卒後20目を迎えると、いろいろな研修医の先生に出会います。ここ数年で一番驚いたのは「先生!なんで社会人って、毎日朝8:30に出てこないといけないでのでしょうか?学生時代と違ってとっても負担です。結果を出せばいいじゃないですか?」と初期研修医の先生に言われたことでした。「入職数か月の初期研修医の先生の出す結果とは何なのか?」と自問したことを覚えています。ということで今回は新型コロナウイルス感染症関連で忙しい我々の職場で、どのように初期研修医の先生方を迎え、育てていくか?について考えてみたいと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事