m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】ロック・ダウン解除計画発表

【フランス便り】ロック・ダウン解除計画発表

開始より難しい解除の判断

2020年5月3日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


首相官邸のある右岸のマティニヨンから左岸の国民議会に行くまでには、ルイ16世が断頭台の露と消えたコンコルド広場を通り抜けます。エドワール・フィリップ首相は4月28日、どのような気持ちでこの広場を横切ったのでしょう。5月11日のロック・ダウン解除に向けての条件法案を、議会で演説する首相。今回のCOVID19対策における失敗責任の全てを野党議員から一身に受け止めている彼の姿に、かつての国王公開処刑を重ねて見たのは私だけでしょうか。現在、議席は与党が強いおかげもあり、過半数の票を得て、4月30日に通過...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事