m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医師の32.9%、アルバイト収入減少

医師の32.9%、アルバイト収入減少

医療提供体制は「中止」10.2%「縮小」16.9%

2020年5月12日 水谷悠(m3.com編集部)


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染対策として、医師のアルバイトを制限する動きも出ている。感染対策の重要性は論をまたない一方で、アルバイトをしている医師にとっては収入減に、受け入れていた医療機関にとっては医療提供体制の縮小にもつながりかねないほど悩ましく、この問題についてm3.com医師会員に聞いたところ、32.9%が「収入が減少した」と答えた。アルバイトを受け入れる側では「派遣元の指示」と「自院の都合」を合わせると10.2%がアルバイト医師の受け入れを中止、16.9%が減少と答え...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

m3.com意識調査に関する記事(一覧

医療機関の水害対策「必要だがしていない」が2割 2020/8/1

GOTOトラベル、医師の95%が「感染拡大する恐れ」 2020/7/23

2度目の緊急事態宣言、医師の71%が「年内」と予測 2020/6/4

解除後も優先すべきは「感染拡大防止」75.4%、「経済」を圧倒 2020/5/20

医師の7割が感染防御を再学習、新型コロナ流行で◆Vol.1 2020/5/17

感染防御の知識「自衛隊の経験」「マスクから鼻はやめて」◆Vol.2 2020/5/17

医師の7割、新型コロナ以外の「臨床・基礎研究」への影響あり 2020/5/16

医師の32.9%、アルバイト収入減少 2020/5/12

医師の64.6%、緊急事態解除に向け「目安を示すべき」 2020/5/9

楽天の検査キット、医師の78.4%「不適切」 2020/5/4

オンライン・電話での初診、医師の6割「対応せず」 2020/4/25

「最初から全国にするべきだった」59.0% 2020/4/22

緊急事態宣言「遅すぎる」が7割 2020/4/16

外出自粛・休業、医師は「強制的に」が半数近く 2020/4/12

オンライン学会、「望ましい」が7割 2020/4/5

新型コロナでデマ「見聞きした」、医師の4割 2020/2/29

高齢・基礎疾患2日で相談、「過剰」が最多 2020/2/28

マイナンバーカードでオンライン資格確認、開業医「デメリットの方が大」 2020/2/16

「再検証」病院リスト、追加施設や民間機関も「公表すべき」が最多 2020/2/9

開業医の26.3%、勤務医の32.1%が「自分はICTリテラシーが高い・高い方だ」 2019/12/31