m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|新型コロナス...>トレーラーハウスで「かぜ症状外来」 - 新型コロナスペシャル座談会◆Vol.1

トレーラーハウスで「かぜ症状外来」 - 新型コロナスペシャル座談会◆Vol.1

開業医の工夫数々「できることから始める」

2020年5月15日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応は長期戦が予想される中、地域の開業の先生方はどう対応されているのか――。国際医療福祉大学公衆衛生学教授で、厚労省の専門家会議、クラスター対策班で活躍する和田耕治氏からの一本のメール。それが今回の座談会のきっかけだ。COVID-19への対応は、地域の開業医にとっても身近な問題であり、公衆衛生と臨床の双方の立場が相互理解を深めることで、現場に立脚した政策提言やより良い臨床につながると、和田氏は期待する。ゴールデン・ウイーク中のオンライン座談会にご出...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事