m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】ウイルスとのコアビタシオン(共存)

【フランス便り】ウイルスとのコアビタシオン(共存)

医学生ら「天使の守衛隊」がクラスター対応

2020年5月19日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


クラスター5月11日のロック・ダウン緩和より1週間経たフランスでは、17日現在、全国に大小25のクラスターが確認されおり、最も大きいものでは69人、次に34人のPCR検査陽性者が確認されています。現時点でのクラスターは、ロック・ダウン中も、勤務して最低労働していた業種であり、緩和以降の影響は、近々明らかになるはずです。クラスター管理には、以前から期待されていた陽性者の接触者同定に使うアプリは現在、採用されておらず、もっぱら人海戦術。最初にかかりつけ医へオンライン診療などで受診、医師がPCR検査を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事