m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>診療所経営、PCR検査委託で壊滅状況から脱却

診療所経営、PCR検査委託で壊滅状況から脱却

スタンダードプレコーションするにもコストがかかる

2020年6月7日 木川英(川越救急クリニック副院長)


5月も終わり、全国の緊急事態宣言も解除され、「普通の」6月になるのか、はたまた数週間後には再び「異常な」夏になるのか、まだ分かりませんが、新時代へ大きな一歩を踏み出したことには間違いはありません。しかし、今後の世界は「withコロナ時代」で回っていくことにも疑いの余地はありません。どうしても、ここから切り離して考えていくのは全世界の人類の思考的に無理な感じがしますので、今回も新型コロナウイルスの話題を続けようと思います(散々飽きたと言いながら、すみません)。前回のアンケート、回答してくださり、あ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事