m3.com トップ>医療維新>医師調査|COVID-...>業務量「減少」が4月中旬から15.7ポイント増加◆Vol.1

業務量「減少」が4月中旬から15.7ポイント増加◆Vol.1

診療所の40.5%で患者が「大幅に減少」

2020年6月6日 岩崎雅子(m3.com編集部)


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応が続く中、政府は5月25日までに緊急事態宣言を全国で解除、一方で「新しい生活様式」の実践を求めている。COVID-19対応に伴う4月中旬から5月末までの診療への影響を、m3.com医師会員に調査したところ、診療所の40.5%が、患者が「大幅に減少」と回答。4月中旬に実施した調査結果に比べ、業務量が「減少」と答えた割合は15.7ポイント増えた(4月中旬の調査結果は『外来患者数83.4%が「減少」、COVID-19影響で◆Vol.1』)。Q:現在ま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事