m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>【東京】COVID-19と闘う公衆衛生医師の仕事とは?‐中島丈晴・東京都福祉保健局公衆衛生医師に聞く◆Vol.1

【東京】COVID-19と闘う公衆衛生医師の仕事とは?‐中島丈晴・東京都福祉保健局公衆衛生医師に聞く◆Vol.1

2020年7月31日 m3.com地域版


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で、昼夜を問わぬ対応に追われる保健所。公衆衛生医師はそこに所属し、都民の命と安全を守るために尽力する医師免許を持つ公務員。とても大きな役割を担いながらも、その仕事内容はあまり知られていない。そこで、公衆衛生医師として4年間勤務し、現在は東京都福祉保健局に在籍する中島丈晴氏に、公衆衛生医師を目指した理由やその仕事内容について聞いた。(2020年3月25日インタビュー、計2回連載の1回目)▼第2回はこちら公衆衛生医師として働く中島丈晴氏――そもそも、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【神奈川】徹底した感染管理でCOVID-19重症患者は全員回復‐岩村正嗣・北里大学病院院長... 2021/1/15

【宮城】「ミュージシャン外来」新設。音楽家の難聴早期発見を目指す‐小林俊光・仙塩利府病院耳... 2021/1/15

【東京】1人でも多くの患者さんに「血栓回収療法」を提供するために‐岩渕聡・東邦大学医療セン... 2021/1/15

【大阪】遠隔心臓リハビリシステムの医師主導治験を開始‐坂田泰史・大阪大学大学院医学系研究科... 2021/1/8

【長崎】へき地医療と海外支援をフレキシブルに叶える育成プロジェクト‐池田恵理子・長崎大学病... 2021/1/8

【和歌山】大学病院が「美容後遺症相談外来」を開設した理由-朝村真一・和歌山県立医科大学形成... 2021/1/8

【埼玉】地道な改善で不適切応答0.1%。県民に好評の県AI救急相談‐守谷俊・自治医科大学附... 2021/1/8

【千葉】開頭と血管内治療、独りの医師が両方できる脳卒中センター‐金澤隆三郎・流山中央病院脳... 2021/1/8

【大分】感染管理認定看護師が県のクラスターを抑えている‐平松和史・大分大学医学部附属病院感... 2021/1/8

【佐賀】「小児科は選ばない」衝撃の理由、医師のキャリアコンサルに注力を‐佐賀県健康福祉部医... 2021/1/8

【神奈川】稼働予定だった病床を閉鎖し、閉院した病院も使ってCOVID-19患者を受け入れ‐... 2021/1/8

【岡山】面会、職員健康管理、栄養指導のIoT活用で「おかやまIT経営力大賞」地域貢献賞受賞... 2021/1/8

【長野】移動診療車を用いたオンライン診療で患者の費用負担と感染リスクを軽減‐神山育男・神山... 2021/1/8

【宮城】MRガイド下集束超音波治療(FUS)は3カ月先まで予約済-安藤肇史・宮城病院地域医... 2021/1/8

【東京】COVID-19でみとりが変わり、家族対応にも工夫が必要-伊藤香・帝京大学医学部附... 2021/1/8

【埼玉】県AI救急相談、稼働1年半で1日70件の相談に対応‐守谷俊・自治医科大学附属さいた... 2021/1/4

【千葉】隣県の救急隊からも評価される脳卒中センター‐金澤隆三郎・流山中央病院脳神経外科部長... 2021/1/4

【茨城】地域医療人材を高校から発掘する新たな取り組み-鈴木恒一・茨城県教育庁学校教育部高校... 2021/1/4

【大分】COVID-19は従来の院内感染対策とはレベルが違う‐平松和史・大分大学医学部附属... 2021/1/4

【宮崎】地域と国の将来を憂い、空き地を開墾して人々が集う地域づくりにも挑戦‐日高四郎・日高... 2021/1/4