m3.com トップ>医療維新>インタビュー|国際医療NG...>非感染症医が長崎クルーズ船のコロナ対応現場に参加して - ジャパンハート・大江将史氏に聞く

非感染症医が長崎クルーズ船のコロナ対応現場に参加して - ジャパンハート・大江将史氏に聞く

「専門医の先生と一緒に体験して、本当に腑に落ちた」

2020年6月7日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


国際医療NGO「ジャパンハート」で、長期ボランティア医師としてミャンマーで働いている大江将史氏は5月、長崎県に停泊していた大型クルーズ客船「コスタ・アトランチカ」の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者対応に携わった。非感染症医がCOVID-19に携わった経験を語っていただいた(2020年5月28日にオンラインでインタビュー。コスタ・アトランチカは5月31日に出航)――4月20日に長崎市の三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊中の「コスタ・アトランチカ」で新型コロナウイルスの集団感染が確認...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事